エリック・クラプトンのライヴ作品『ナッシング・バット・ザ・ブルース』が本日発売!

エリック・クラプトンのライヴ作品『ナッシング・バット・ザ・ブルース』が本日全世界同時でリリースとなった。国内盤はCDDVDBlu-rayの3形態のリリースで、ライヴ・ドキュメンタリーで脚本とプロデュースを務めた、スクーター・ワイントローブのライナーノーツと訳、歌詞、対訳付。2枚組LPとスーパー・デラックス・リミテッド・エディション・ボックス・セットは輸入盤のみの発売。
 
『ナッシング・バット・ザ・ブルース』は、クラプトンが生涯をかけて注ぐブルースへの情熱が燃えさかるのを感じ取とれる作品だ。17曲収録のCD2枚組LPには18曲、そしてDVDまたはBlu-rayセットではそれぞれ20曲が収録。「フロム・ザ・クレイドル」ツアー中に、サンフランシスコのフィルモアで行われた2(1994118日 、9)のパフォーマンスが撮影、録音され、その中で選りすぐりの演奏が収録されている。また、長きにクラプトンを支える共同プロデューサー、サイモン・クライミーが、マルチ・トラッキング収録によるオリジナル・パフォーマンス音源のリミックスを手掛けている。
 
『ナッシング・バット・ザ・ブルース』収録の未発表ライヴ音源は、スタジオでレコーディングされた『フロム・ザ・クレイドル』をお互いに助け合う、相棒のような存在だ。両作品に収録の楽曲もあるが(マザーレス・チャイルド」「スタンディン・ラウンド・クライング」「アイム・トア・ダウン」)それぞれのパフォーマンスは全く異なる。『フロム・ザ・クレイドル』未収録で本作に収録となる楽曲は、ジミー・ロジャーズの「ブルース・オール・デイ・ロング」、ロバート・ジョンソンの「モルテッド・ミルク・ブルース」や、「エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース」「フォーティ・フォー」などのスタンダード・ナンバーが含まれる。
 
また、ライヴ・ドキュメンタリーは1995年にアメリカのPBSで放送となり、エミー賞にノミネートされた作品だ。マーティン・スコセッシがエグゼクティブ・プロデュースを務めている。スコセッシによる、クラプトンの真に迫った詳細なインタビューが収録され、クラプトンは、ブルースへの愛、そしてマディ・ウォーターズやB.B.キングなどのブルースマンたちが、彼の音楽に与えた影響の重要性を語っている。作中では、ビンテージ・ライブ映像やインタビュー、写真などで多くのアーティスト(ロバート・ジョンソン、ハウリン・ウルフ、バディ・ガイ、T-ボーン・ ウォーカー)が登場している。 
 
 
公開中のライヴ映像・開封動画はこちら
 
 
国内盤・配信情報はこちら
 
【リリース情報】
■エリック・クラプトン 「ナッシング・バット・ザ・ブルース」収録楽曲
 
CDWPCR-18529\2,860(税込)
 
1ブルース・オール・デイ・ロング
2スタンディン・ラウンド・クライング
3フォーティ・フォー
4イット・ハーツ・ミー・トゥー
5アーリー・イン・ザ・モーニング
6ファイヴ・ロング・イヤーズ
7クロスロード
8モルテッド・ミルク・ブルース
9マザーレス・チャイルド
10ハウ・ロング・ブルース
11リコンシダー・ベイビー
12シナーズ・プレア
13エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース
14サムデイ・アフター・ア・ホワイル
15ハヴ・ユー・エヴァー・ラヴド・ア・ウーマン
16アイム・トア・ダウン
17グロー二ング・ザ・ブルース
 
 
DVD (WPBR-90816) \3,850(税込) / Blu-rayWPXR-90025\4,950(税込)
1ブルース・オール・デイ・ロング
2スタンディン・ラウンド・クライング
3フォーティ・フォー
4イット・ハーツ・ミー・トゥー
5アーリー・イン・ザ・モーニング
6ファイヴ・ロング・イヤーズ
7クロスロード
8モルテッド・ミルク・ブルース
9マザーレス・チャイルド
10ハウ・ロング・ブルース
11リコンシダー・ベイビー
12シナーズ・プレア
13エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース
14クロスカット・ソー
15サムデイ・アフター・ア・ホワイル
16ハヴ・ユー・エヴァー・ラヴド・ア・ウーマン
17アイム・トア・ダウン
18グロー二ング・ザ・ブルース
19テイント・ノーバディーズ・ビジネス
20ドリフティン(ボーナス・トラック)
 
【関連リンク】
オフィシャルサイト:https://wmg.jp/eric-clapton/
タイトルとURLをコピーしました